ニューラック工業-事業案内-ニューラック工業-製品案内-ニューラック工業-会社案内-ニューラック工業のトップページへニューラック工業へのメールでのお問合せ
精密アルゴン溶接

アルゴン溶接(TIG溶接)

溶接とは、金属を溶かして金属同士を接合する方法です。
大気中で金属を溶かすと大気中の酸素と、 高温で活性化された金属が反応してしまい、健全な溶接部が得られません。
一般的な棒溶接では、溶接時の高温で溶接棒からガスが発生し、溶融金属を大気から遮断し金属の酸化を防ぎながら溶接を行います。

これに対し、アルゴン溶接は溶着金属そのものの成分の溶接棒を用います。
タングステン電極の周りから保護ガス(アルゴンガス)を放出し、 大気から溶融金属を遮断し溶接を行います。

電極が細く、非常に精密な溶接を行うことが可能です。
棒溶接では溶接出来ない金属も溶接することが可能です。
ステンレス製品の重要部分、アルミの溶接方法として多用される。

CO2溶接

CO2溶接は一般的に最も使われる溶接方法で、 CO2溶接は、溶接ワイヤーが トーチコンタクトチップで 通電され、アーク熱で発生させて母材とワイヤを連続的に溶かし融合する溶接方で、炭酸ガスを用いています。 一般的に半自動溶接といわれています。

ニューラック工業対応加工
TIG溶接 SUS全般 SS400 AL TI
CO2溶接 SUS全般 SS400
アーク溶接 SUS全般 SS400

生産効率、量産、短納期に対応できるよう、 TIG溶接ロボットを完備しています。

アルゴン溶接した製品


             
   
  写真をクリックすると拡大します。


ワイヤーカット
コーティング
スポット溶接
精密アルゴン溶接
ブラスショット
プレス加工
精密ドリル加工
レーザー加工
レーザーマーキング


ワイヤーカット製品
ICメッキ治具
レーザー加工品
レーザーマーキング品
プレス曲げ加工品
精密ドリル加工品


ごあいさつ
会社概要・アクセス
プライバシーポリシー