ニューラック工業-事業案内-ニューラック工業-製品案内-ニューラック工業-会社案内-ニューラック工業のトップページへニューラック工業へのメールでのお問合せ
スポット溶接

スポット溶接とは

解説はWebをご覧になっている、全ての方向けに、書かせて頂いています。

溶接したい2枚の金属の上下から電極をあて、適度な圧力を加えながら、大電流を流し発生した熱で金属を溶かして接合します。 電気抵抗を利用した溶接であることから抵抗溶接ともいわれます。
比較的薄い板(薄板板金)の接合に用いられ,3枚以上の板金を一度に接合することも可能です。
スポット溶接は、電極を母材に押し付ける力、電流、通電時間によって溶接の品質品質が左右されます。
溶接品質は、溶接電流・通電時間・押下圧力・材質等の影響を受けます。
溶接電流は、溶接する部材の材質や表面の状態や電極押下圧力により変化します。
スポット溶接により得られる接着部分を、ナゲットと呼びますが、良質なナゲットを得るためには、これらの要素をコントロールする必要があります。また、電極自身が溶着しないためには、電極の材質と放熱も重要です。同じ材質・条件下で大量・高速の溶接を行う特定用途向け溶接機が、これらを最適値に設定していくのに対して、パーソナル用は様々な素材形状と材質を相手にすることになります。でも、それほど心配はいりません。電流や電極の押下圧力、金属の導電性、金属表面の状態などは、少しの経験で、比較的簡単にコントロールできるようになります。

どんなものが溶接できるのか・・・


スポット溶接は「抵抗溶接」の一種。
溶接したい物体に電気を流して、その発熱を利用して接合部の金属を溶かします。
つまり、電気を流す金属でないと溶接できません。

細く、薄ければどんな金属でも溶接できますか?

電気を流して発熱させるためには、その金属にある程度の抵抗が必要です。 つまり、金や銀、銅、アルミニゥムなどのように電気を流しやすい金属は、電流をながしても、発熱が少ないので、溶接しにくいのです。
これらの金属は、熱伝導度も高いために、熱が逃げやすいこともスポット溶接を困難にする要因です。
また、細く、薄い金属は、電流を流しすぎると、溶断してしまいますので、通電時間や電流、それに印加圧力の制御が重要になってきます。

ニューラック工業のスポット溶接対応内容

ハンダ付けの代わりに ステンレス 2m/m 板に 3m/m
ステンレス丸  0.4φ〜2φまで
ステンレス板  0.2t〜0.4

スポット溶接機 (コンデンサースポット)

ニューラックオリジナル機器所有
小2台  自社ロボット2台  大1台

溶接による接合も可能です。

さらに・・・
レーザー加工の製品事例はコチラからチェックして下さい。

 

 


ワイヤーカット
コーティング
スポット溶接
精密アルゴン溶接
ブラスショット
プレス加工
精密ドリル加工
レーザー加工
レーザーマーキング


ワイヤーカット製品
ICメッキ治具
レーザー加工品
レーザーマーキング品
プレス曲げ加工品
精密ドリル加工品


ごあいさつ
会社概要・アクセス
プライバシーポリシー